新米パパに伝えたい子育て術

新米パパママに向けた、子育てに関するブログです。ママをサポートしたいけど何をすればいいかわからないパパ、またパパをやる気にさせたいと考えているママに、実体験を交えて情報をお伝えします!

新米パパに伝えたい子育て術

出生届に児童手当…赤ちゃんが産まれたら、手続きはパパに任せよう!

f:id:amashinkun:20181109231827j:plain

こんにちは、アラフォーで初の子育てに奮闘中のサラリーマン、アマシン@amashinkun_papaです。

 

「赤ちゃんが産まれた」という新米パパママ、おめでとうございます!どんな洋服着せてあげよう、ベビーベッドも買わなきゃ~と、新しい生活に思わず胸が踊りますね。

 

でもちょっと待った!赤ちゃんが産まれたら、すぐにやるべき手続きがあるんです。

中にはお金の補助が受けられるものもあるので、見逃したら絶対に損します!

 

この記事では、赤ちゃんの生後1ヶ月までにしておきたい手続きを紹介します。出産後、入院しているママに代わって、パパがリーダーシップをとるといいですね。

 

 

すぐにやっておきたい手続きは4項目

f:id:amashinkun:20181109231852j:plain

 

赤ちゃんが産まれたら、するべき手続きは主に次の4つです。

  • 出生届の提出
  • 児童手当の申請
  • 赤ちゃんの健康保険の加入
  • 乳幼児医療費助成の申請

1. 出生届の提出

赤ちゃんの戸籍を作るため、パパママがつけた名前を出生届に書いて役所に提出します。

提出期限は出産日を含めて14日以内(過ぎると5万円以下の罰金)なので、それまでに名前を決めておくことはもちろん、役所に行くスケジュールをしっかり立てましょう。

出産後のバタバタで2週間はあっという間に過ぎますので、油断は禁物です。

必要なもの:出生届、出生証明書(医師または助産師の証明が入ったもので、出生届と一体になっている)、届出人の印鑑、母子健康手帳など

 

2. 児童手当の申請

児童手当は育児にかかるお金を自治体に支援してもらう制度。3才未満の子供には1人あたり月1万5千円が、それ以降から中学生までは月1万円がもらえます(所得制限を超えると減額になる)。

2月、6月、10月の年3回に分けて支給されます。ちなみにこの手当をフルでもらうと総額約200万円!そう考えると児童手当って大きいですよね。

 

ただし申請が遅れた場合、その分を遡って手当を受けとることはできないので、要注意!赤ちゃんが産まれたら、できるだけ早めに役所で手続きをしましょう。

必要なもの:申請者の預金口座番号、印鑑、申請者および配偶者の個人番号(マイナンバー)など

 

医療費を全額・一部を助成してくれる制度

f:id:amashinkun:20181109232455j:plain

 

3. 赤ちゃんの健康保険の加入

赤ちゃんはパパかママ、どちらかの扶養に入るため、健康保険に加入しなければなりません。1ヶ月健診の時に健康保険証が要るので、出生届と同様にスピーディーな手続きが求められます。

 

勤務先の健康(社会)保険や共済組合などに加入している場合は、勤務先を通じて健康保険加入の手続きをします。自営業などパパママが国民健康保険に加入している場合は、自分で役所へ申請する必要があります。

必要なもの:母子健康手帳、出生届のコピー、健康保険証、届出人の印鑑など

 

4. 乳幼児医療費助成の申請

赤ちゃんの医療費を自治体が援助してくれます。特に生後間もなくは何かと病院で診てもらう機会が多いので、養育費の出費に悩むパパママにとっては嬉しい制度。

申請が通ると赤ちゃん専用の医療証が発行され、それを病院の窓口に出すことで援助が受けられます

 

医療費の全額または一部を助成してくれますが、自治体によって金額や助成内容、対象となる年齢はそれぞれ異なるので、お住まいの自治体に問い合わせを。

必要なもの:赤ちゃんの健康保険証、申請者の預金口座番号、印鑑など

 

1→4の順番で、効率よく手続きを済まそう

f:id:amashinkun:20181109231942j:plain

 

これらの手続きを、どうすれば効率よくできるか?ここからは、実際に僕(サラリーマン)の体験談を交えて紹介します。

※手続きをする前に、身分証明証と印鑑を準備しておきましょう。印鑑はスタンプタイプ(シャチハタ)ではなく認印を。念のため夫婦2人分の印鑑があると安心です。

 

手続きの流れは、先ほどの4項目を上から順番にやるのがベスト。つまり、

  1. 出生届の提出
  2. 児童手当の申請
  3. 赤ちゃんの健康保険の加入
  4. 乳幼児医療費助成の申請

 

この順番でオッケーです!

 

では早速役所へ…とその前に、産まれたらまず勤務先に報告して、健康保険加入に必要な書類を確認します。会社によって要る書類が異なるので気を付けて。中には「赤ちゃんのマイナンバー入りの住民票が必要」というケースもあります。

上記は申請者が社会保険に加入している場合の段取りです。

次に役所へ行き、出生届を書いて窓口に提出します。本人確認用に母子健康手帳が要るので、忘れずに。この時、健康保険加入に必要な書類もまとめて取り寄せましょう

 

そして、その足で児童手当の申請もします。僕が手続きをした役所では「出生届のあとは児童手当の申し込みを」と別の窓口を案内してくれました。ちなみにそこの役所の場合、出生届は市民課が、児童手当は子育て支援課が窓口でした。

児童手当の申請には、振り込み先の口座番号が必要です。配偶者や赤ちゃん自身の口座番号は不可なので注意してください。

これで、この日の役所でおこなう手続きは終了です。

健康保険加入の手続きは、先ほど役所で発行してもらった必要書類をまとめて、勤務先に提出。後日、勤務先より健康保険証が届きました。

※自営業などパパが国民健康保険の場合は、自分で役所へ申請する必要があります。

 

最後の乳幼児医療費助成の申請は、赤ちゃんの健康保険加入が前提です。

なので健康保険証が届いたら、再び役所へ行って医療証の交付申請をする、という流れになります。

 

これで終了です。以上をまとめると、

 

  1. 出生届を出す→
  2. 児童手当を申請する→
  3. 健康保険の加入手続きをする→
  4. 健康保険証が届いたら乳幼児医療費助成の申請をする

 

という順番がおすすめ。

パパは少なくとも2回は役所へ行く必要があります。しっかりと段取りを立てて、効率よく手続きを済ませましょう

役所での諸手続きは郵送でも受け付けている場合があります。時間がどうしてもとれない、というパパはお住まいの自治体に連絡を!

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。アマシン@amashinkun_papaでした。

 

ツイッターもやってます!ブログ更新の発信や、役立つ子育てネタ2割、娘&妻との笑える日常8割をつぶやいています。ぜひぜひフォローをお願いします!