この記事は「絵本ナビ」のサービスを受けるメリットとデメリットについて詳しく解説しています。

アマシン
1歳の娘を持つ父親が、実際にサイトを利用した率直な感想をまとめたよ

 

子供を持つ親にとって、絵本は欠かせないアイテムです。子供が絵を見たり文字をたどることで、ワクワクしたり驚いたり新しい発見につながったりなど、知的好奇心を満たしてくれます。

でもそんな大切な絵本だからこそ、親は悩みがつきませんよね。特に、

たくさん絵本があって、どれを選んだらいいか分からない

という悩みは深いです。
僕も1歳の娘を持つ親として「どんな絵本を読ませたらいいんだろう」と悩みました。

絵本への反応が薄かったり、自分がチョイスした絵本が娘の成長の妨げになっていないか…など、正直ちゃんと絵本を選べているのか自信がありませんでした。

アマシン
必要以上に絵本の数が増えてしまい、毎日の片付けや収納に悩むこともあった…

そこで、わらにもすがる思いで手を伸ばしたのが、絵本の総合サイト「絵本ナビ」。

絵本ナビのトップページ

 
スマホやタブレットからでも見ることができます。

スマホ画面のトップページ

 

利用してみた結果、とても満足できるサイトでした!

我が家が満足した点はこの3つ。

  • 子供に合う絵本がすぐに見つかった
  • 絵本選びの失敗が減った
  • 絵本の完読率もアップした

こんなにも満足感が得られたのは、それだけ絵本ナビのサービスが充実しているから。中でも、この3つのメリットが大きかったです!

絵本ナビの3つのメリット
  • 絵本のためし読みができる
  • 年齢やテーマに合った絵本選びができる
  • 口コミが多く掲載されている

この記事では絵本ナビのメリットだけでなくデメリットについても深掘りしています。

・子供に合った絵本を探したい
・中身をしっかり確認してから買いたい
・絵本ナビについて詳しく知りたい

という方にピッタリな記事です。実際にサービスを利用している僕の感想を交えながら紹介しますので、子供の絵本選びに悩んでいる方はぜひご一読ください。

新規メンバー登録で300円割引クーポンをゲット



絵本ナビの3つのメリット


絵本ナビは、2002年にオープンした絵本・児童書に関する情報サイト。絵本のためし読みのほか、会員による(メンバー)の評価や感想も紹介されているのでお気に入りの1冊を見つけることができます。
商品の購入も可能で、絵本児童書図鑑は50,000タイトル以上、絵本グッズは約3,000アイテムを販売しています。
中でも絵本グッズは、ここでしか買えない限定モノもありますよ。

 

それでは実際に我が家が使ってみて分かった、絵本ナビの3つのメリットについて詳しく紹介します。

 検索するにはスマホでの利用が便利なので、一部スマホ画面のスクショを交えながら解説します。

ネットで絵本のためし読みができる

絵本ナビの最大の特長と言えるサービスです。
メンバー(会員)登録すると、立ち読み感覚で気になる絵本をペラペラ開いて内容をチェックできます。(一部ためしよみは会員登録しなくても利用可能)

絵本「きんぎょが にげた」をためしよみ(一部画像加工)

 

こんな感じ。まさに立ち読み感覚!

絵本「きんぎょが にげた」をためしよみ(一部画像加工)

 

絵本の内容がよく分かります。

 スマホで試し読みするときは専用アプリ(無料)のダウンロードが必要です。

絵本ナビ ためしよみアプリ

 

絵本ナビは、ためしよみサービスについて次のように説明しています。

本屋で立ち読み、図書館で借りる、雑誌の紹介記事を読む・・・絵本との出会い方はいろいろありますが、子育て中は絵本を探すことに多くの時間を割くことができないのが現実です。
(中略)
絵本ナビでは、絵本の出版社さんや作者さんの協力のもと、絵本の試し読み(全ページためしよみ、ちょっとためしよみ)が出来るサービスを実現しました。

ママパパが絵本を買う条件として、一番気になるのは
「どんな内容なのか」ということ。
子供が興味を示してくれるか、理解しやすい内容か…その判断材料として絵本の中身を知ることは、絶対にやっておきたいポイントです。

 

でも本屋でお気に入りの絵本を探すのはひと苦労。膨大な棚の中から、1冊1冊開いて内容を確認するなんてムリです。しかも子ども連れとなると、そんな立ち読みする時間はありません。
かといって、適当に見つけた絵本をネットで買うのは恐い。失敗したらどうしよう…。


 

そこで役立つのが絵本ナビのためしよみサービスです。

親にとっては、我が子に読む絵本は、きちんと全部読んでから与えたいのです。
おもしろがって聞いてくれるだろうか。
今の我が子の発達段階にあっているだろうか。
怖いシーンはないだろうか。
自分の育児方針と違うメッセージが入っていないだろうか。
心に残る作品だろうか。
お気に入りの一冊になるだろうか。
購入して本棚に加えておきたい作品だろうか。
・・・興味を持った作品について、街の本屋さんのように全ページ試し読みができたら・・・
これが正直な気持ちだと思います。

絵本ナビはそんな親の気持ちを汲んで、ためしよみサービスを始めました。家にいながら絵本の内容をチェックできるので、とても便利。

試し読みできる絵本は、「ためしよみ」「全ページ」のアイコンが表示されています。

絵本の横にアイコンが表示されています

 

・「ためしよみ」(ちょっとためしよみ):一部のページを何度でも試し読みできる。会員登録は不要
・「全ページ」(全ページためしよみ):すべてのページを一度だけ、試し読みできる。会員登録が必要(無料)

ちなみに現在「全ページためしよみ」できる本は2,463タイトル。「ちょっとためしよみ」は9,635タイトル。合計12,000冊をパソコンやスマホでチェックできるのはスゴイ!

アマシン
子どもと一緒に絵本を選ぶのも楽しいよね

全ページためしよみサービスを受けるには会員登録が要りますが、メアドとパスワードだけで無料で登録できます。
今なら登録すると、絵本ナビポイント30ポイント(=30円相当)300円割引クーポンがもらえます。すぐに買い物に使えるのでお得!
絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

年齢やテーマに合った絵本選びができる

いろいろな条件から、お気に入りの絵本を検索できるのも絵本ナビのメリット。

ママパパは、子供の年齢だけを基準に絵本を選びません。
「犬やネコに興味が出てきたので動物のイラストが入った絵本が欲しい」「ねんねの前にぴったりな絵本ってないかな」…など、成長の過程にマッチしたものやシチュエーションに合ったものを求めています。

 

絵本ナビはそういった様々なシーンに応えられるよう、いくつもの検索カテゴリを用意しています。

いろいろな条件から検索できます

 

・年齢別ページ(0歳から12歳/大人)
・立場別ページ(ママ/パパ/じいじ・ばあば/先生/その他の方)
・ジャンル別ページ(絵本/しかけ絵本/音の出る絵本/児童書/紙芝居/図鑑/デジタル絵本)
・テーマ(季節や行事、内容のテーマ別におすすめ作品をピックアップ)
・シリーズ(シリーズ化されている作品をリスト化して一覧に)

 

僕のおすすめは、まず「年齢別ページ」で調べたい年齢を選び、そこからさらに深掘りする探し方。

例えば「年齢別ページ」から1歳の絵本を検索すると、「1歳向け絵本 絵本ナビ編集部おすすめ」が出てきます。ここでは、

・あんよがもっと楽しくなる絵本
・1歳の赤ちゃんが遊べる絵本
・リズムにあわせて体を動かせる絵本
・おいしいもの、だいすき!食べ物の絵本
・はみがき、トイレトレーニングの絵本
・1歳向けおやすみ絵本
・一緒に声に出して読みたい絵本
・1歳半、出てくる個性!
・1歳になってもだっこはうれしい!

9つのジャンルで、おすすめの5冊をそれぞれセレクトしています。

「1歳向け絵本 絵本ナビ編集部おすすめ」画面

 

アマシン
僕は「遊べる絵本」のジャンルを参考に「きんぎょがにげた」と「ぺんぎんたいそう」を買ったよ

また、ページ内には「1歳赤ちゃんと楽しむ絵本」と題した紹介記事も貼ってあるので、そこから具体的に調べるのも楽しいです(絵本ナビスタイルのページへジャンプします)。

個人的には「笑顔が見たかったらこの絵本!」「1歳の子どもと一緒に楽しめる!オススメ定番絵本セレクト」の記事が参考になりました。

ママパパの口コミが豊富に掲載されている

「実際にママパパが読んで面白かった絵本が欲しい!」という方には、【絵本ランキング】のページが役立ちます。ページをチェックすると、

・メンバー評価
・レビュー数
・人気順
・売上

の4カテゴリが表示され、それぞれ違った角度からおすすめ絵本を示してくれます。

「絵本ランキング」の画面

 

ちなみに「メンバー」とは絵本ナビの会員さんのこと。ここでは実際に絵本を買ったママパパの感想がたっぷり紹介されています。

絵本選びのプロである絵本編集部による選書に加え、実際にお子さんとその作品を読んだ率直な感想やお子さんの反応を投稿していただき、一方的なおすすめ情報ではない、生の声を掲載しています。
たくさんの主観的な意見を集めることで客観性を持たせることができるのでは・・・そう考えています。
あなたが絵本を選ぶとき、参考にしてもらえたら幸せに思います。

例えば「レビュー数」の1位「きんぎょがにげた」を見ると、こんなベストレビューが。

絵本好きのきっかけ。

もうすぐ4歳の子がいますが、本当に!!!絵本が大好きな子に育ちました!

必ず毎日寝る前、3冊~5冊読み、本屋さんも大好きで、毎月新しい本を買い、図書館も通ってます。

でもすべての始まりは、この本でした。

10ヵ月位だったでしょうか?
早いかな??と思いつつ見せてみると、本当にすごい反応!!
「あーあー!」と、金魚を指さし探そうとしてるではないですかっ!!

すごく感動してしまいました。
驚きました!!
絵本ってすごいんだっ!って思いました。

きっとどの親でも、ウチの子 天才っ!?…なんて感じれるとおもいます(笑)

今でもまだ大切に持ってますが、
今度は、ひらがなを一生懸命読んでますよ★
本当に大好きな絵本です♪

「これはいいかも!」という絵本を見つけても、やっぱりママパパの生の声が聞きたい…と購入に迷うときはあります。
そんなときにランキングはとても参考になります。
我が家もメンバーのレビューを読んで、最終的に買うかどうかを決めました。
絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

絵本ナビを使ってみて感じたデメリット


お気に入りの一冊に出会える絵本ナビ。使い勝手も含めて満足できるサイトですが、「ここを改善してくれるとうれしい」というポイントをあえて挙げると、

・絵本ランキングの一覧で対象年齢を入れてほしい(スマホ画面の場合)

絵本ランキングから検索すると、絵本ナビメンバーに人気の本がズラリと表示されますが、一覧の画面だと何歳向けの絵本なのかが分かりません。
ランキングを参考に絵本を選ぶときは、少し不便かも(詳細をタップすると表示されます)

そこで、スマホでチェックするときは、ランキングよりも【年齢で探す】から絵本を絞り込むのがおすすめです。

 
絵本ナビのサービスを受けてみて、正直デメリットはさほど見当たりません。絵本ナビは検索機能の精度が高く、ユーザーのレビューもたくさん掲載されています。改めて「絵本選びに迷うママパパに役立ってくれるサイト」と感じました。

絵本ナビで子どもにぴったりな絵本を見つけよう


絵本ナビは「どんな絵本を選んだらいいか分からない」というママパパにおすすめです。

おすすめするポイントは次の3つ。

・絵本のためし読みができる
スマホやパソコンで気になる絵本の中身をチェックできます。「絵本選びに失敗したくない!」というママパパも安心してネットで買い物できます。(全ページためし読みをするにはメンバー登録が必要です)

・年齢やテーマに合った絵本選びができる
絵本の検索方法が豊富で、【年齢別ページ】(0歳から12歳/大人)や【立場別ページ】(ママ/パパ/じいじ・ばあば/先生/その他の方)、【ジャンル別ページ】など、さまざまな角度からお気に入りの絵本を探すことができます。

アマシン
個人的に、年齢別ページから深掘りする探し方がおすすめ!

・ママパパの口コミが多く掲載されている
【絵本ランキング】のページには、実際に絵本を読んだママパパのレビューがたくさん掲載されています。特に「メンバー評価」のカテゴリは、最終的に絵本を買うかどうかの大きな決め手になります。

本屋で絵本を探すとなると、たくさんの在庫の中からお気に入りを見つけるのは難しいでしょう。
ましてや子どもを連れながら…なんて、ほぼ不可能。イヤイヤと暴れだしたら、そこで即終了です。
 
絵本ナビは、そういった絵本を探す時間や労力からも解放してくれます。

我が家が絵本ナビに出会ってから、新しい絵本を買うときは真っ先にサイトをチェックするようになりました。買ったけど読んでくれないというリスクもなくなったし、今の娘の成長に合った絵本を的確に教えてくれるので助かっています。

「読まない絵本が山積みになる」こともないので出費のムダになりません。

アマシン
毎日の絵本の片付けも楽になった!

そして何よりも、ここで見つけた絵本を、毎日僕のところに持ってきて「読んで」とおねだりするようになったのがうれしい!

娘は毎日大好きな絵本に囲まれています

 

素敵な絵本探しの一助になる絵本ナビ
。ぜひチェックしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事